【施工事例035】キッチンのテラス(掃き出し)窓

工事前
こちらは、もともと4枚建てのサッシ(窓)があり、
その内側に木製建具(木戸)がついていました。

老朽化していたのと、断熱性の向上を望まれていたので、以前と同様に
4枚建ての断熱性の高いサッシにリフォームするだけでも良かったのですが、
こちらの窓側には住宅等がなく、冬は寒い風が吹き、家全体の断熱性が高くないこと、
また、窓の面積を少し小さくしても、暗くなりすぎることがないと判断し、
リフォームさせて頂きました。

工事後
もともとの4枚建ての引戸を思い切って、真ん中だけの2枚建ての引戸にし、
残りの部分を壁にしています(写真10、11)。

これだと確かに以前よりは自然光の量は減ります。
ですが、前に遮るものがないため、十分に明かりを採ることは出来ます。
また、窓・サッシ自体の性能を上げ、思い切って、壁を作ることで
この面の部分の断熱性の向上を図ることが出来ます。
また、内側の木製建具も取り払ったことで、窓まわりがスッキリしています。
外からみた様子ですとこんな感じです。

それまでと同様にモルタルの壁を塗っても良かったのですが、
工期と予算の関係で、壁はサイディング仕上げとしています。
少し離れれば、目立つことはありません。

見積無料!お電話はこちらから