『まちゼミ』(『窓から考える暖かく健康的な住まい』)の御礼と「窓」への思い

2月に開催致しました『まちゼミ』(「窓から考える暖かく健康的な住まい」)3回の開催を無事に終えることができました。
ご参加いただいた方、また興味を持ったけど、都合がつかず参加できなかった方、
会場を快く貸してくださった須坂商工会議所様、傘鉾会館様、
サンプルを貸してくださった各メーカーの方々など
ご協力いただいた全ての皆様に御礼申し上げます。
弊社は昨年2019年の夏に初めて、『まちゼミ』に参加させて頂きました。
それもこれも、「窓」について現場、書物や実体験を通じて、私が学び、感じてきたことを少しでも皆さんに伝えたい。
今より少しでも多く、みなさんに窓を通して家の住み心地を考え、夏は涼しく、冬は暖かな快適な居住環境を考えてほしい。
といういらぬ教師根性のようなものが働き、『まちゼミ』を開催してみようと思ったことが参加のきっかけです。

2019年夏の『まちゼミ』で思わぬ反響があり、手ごたえのようなものを感じたことから、
思い切って2020年の冬には3回の開催を計画致しました。
3回の合計で14名の方にご参加頂くことが出来たわけですが、正直に申し上げて、嬉しさしかありません。
建築現場の経験が飛びぬけて豊富というわけでもなく、この業界の経験も浅い私が講師となることについては、
やはり自分でも怖さを感じ、毎回薄氷を踏むような思いでした。
しかしながら、講師となる責任感から一層自分でも「窓」について勉強することがで、
どのように伝えたら、「窓」の大切さを伝えることが出来るかを試行錯誤できたことはとてもいい経験でした。
毎回参加された方には、ご自宅の窓に関する悩みや不満などを語っていただくのですが、どの方も窓に関して思いや困りごとを抱えていらっしゃいます。
毎回開催時間を超過してしまうのですが、それも皆さんの思いや熱意のためです。
これからも皆さんと「窓」についてともに考え、少しでも私の持てる知識・経験が
皆さんの窓に関する悩みの解決になればと思います。
そして、皆さんのそばで窓に関するアドバイザーでありたい。
そう思っています。
私たち有限会社堀内建材は長野県の須坂市にある小さな会社です。
昨今、様々な業種・業態で中小企業は苦しい立場にあります。
私たちの会社はこの地域で生まれ、みなさんに育てていただきました。
これからも地域生まれの会社らしく、みなさんのすぐそばで
生活を豊かにする伴走者で居続けたいと心から思っています。

文  堀内 龍真

見積無料!お電話はこちらから