【施工事例042】最高に贅沢な時間とウッドデッキ

ウッドデッキに憧れはありませんか?
ご自宅の窓とウッドデッキがつながり、室内が屋外に一層広がったような空間…
あたらしく家を建てる方、リフォームされる方、様々な方に人気のあるのが、
ウッドデッキです。
こちらのお宅には、もともとウッドデッキがありました。庭のお手入れも行き届いており、
素晴らしいガーデン空間が存在していました。
そのウッドデッキを新しく張り替え、テラスを設置し、よりよい空間づくりのお手伝いをさせて頂いた事例が本件です。

工事前
こちらのお宅は、もともと天然の木でできた素晴らしいウッドデッキがありました。最初に拝見した際には、どこを直してよいのかわからなかったほどです。写真の奥にあって蔦などがからんでいるアーチなど最高に素敵ですよね。
【工事前のお庭】

ただ、近くでよく見てみると、確かにデッキ材が傷んでいたり、浮いていたりと所々に経年の跡が見られます。経年での傷み等があるものの、それすらも味に思えるのが天然木の良いところだと私は思っていますが、やはり損傷や色あせが目立ってくると、気になってくるのは当然のことです。

【デッキ材の傷み】

そこでこのウッドデッキを張り替えるご相談を受けました。
ウッドデッキには天然木と人工木がありますが、こちらのお宅のお庭の良さを引き立てるにはやはり天然木が相応しいという判断から、南洋材を選択しました。
そして、ウッドデッキの上にはテラスの屋根を付け、雨でもデッキが濡れにくいように、そして、直射日光を遮り、より快適なデッキライフを送ることができるようにというプランに致しました。

工事途中
まずはウッドデッキの新調です。
今までのデッキは塗装もしてあり、濃いめの色味でしたが、今回採用したデッキ材は少し明るめの色で、天然の木の良さが全面に出ており、気持ちまで明るくなるような色だと思います。写真では張り替えた後に雨が降ったため、木の色が濃くなっています。

【デッキ張替え後】


これは雨に濡れていない色味です。

【雨に濡れても絵になるお庭】

写真でも分かるのですが、雨に濡れたデッキもまた味わいがあります。
お庭もよく手入れが行き届いているので、雨に濡れたデッキやお花も見ていて飽きることがありません。彩り豊かで、本当に素敵なお庭です。

完成後

ウッドデッキ完成後にテラスの屋根を付けています。
この屋根があることで、雨が直接デッキにあたる機会を減らすことができ、直射日光も防いでくれるので、デッキ材の劣化を防止するのに役立ちます。また、夏でも、直射日光を防ぎつつ、ウッドデッキに出てお庭を眺めたり、ガーデンライフを楽しむことが出来ます。
自分がその立場になったことを想像して、本当に羨ましくなりました。朝の気持ちのよい時間などにこのウッドデッキに出て、お庭を眺めることが出来たら、どんなに贅沢だろうと。
物が身の周りにあふれている現代において、そんな時間の使い方が出来ることこそが最高の時間の使い方だと思います。
新型コロナウイルスの流行により、気軽に何の気兼ねもなく外出することがためらわれるようになりました。
そんな中、このようなお庭があれば、家に居ることが楽しくなるはずです。
そのような暮らし方に少しでも協力・お手伝いすることが出来たのならば、私たちは本望です。
素晴らしいお庭、暮らし方を見せてくださいまして、本当にありがとうございました。お客様の笑顔が見られました。とても素敵な暮らし方を教わった気がします。

見積無料!お電話はこちらから