【施工事例021】寒さ、結露に悩むお宅の窓を断熱リフォーム

【工事前】

こちらのお宅の窓は、アルミサッシに1枚ガラスでした。
冬は窓際が寒く、結露に悩まされていたそうです。
室内のカーテンボックスや造り付け家具が干渉していたため、それらを撤去するなどして
2重サッシ(内窓)化も検討しましたが、規模の大きな工事になることが予想されたため、
ガラス部分の高性能化リフォームを致しました。

【工事後】

サッシはそのままで、ガラス部分のみを入れ替えています。
ガラスは、真空ガラスというものを使っています。
こちらは、真空膜とLow-E膜(低放射ガラス)の効果により、厚さ3mmの1枚ガラスに比べ約4倍、
一般複層ガラスに比べても約2倍程度の断熱性向上の効果があるとされています。
色は通常の1枚ガラスと比較すると、ややブルーやグレーがかった色味ですが、
写真では非常に分かりづらいです。

すぐ上のガラスを手で支えている写真を見てもらえると、そのガラス越しの元のガラスに色味がついているのが
わかるでしょうか。
ガラスを入れ替えた後の住み心地をお聞きすると、ガラス自体の結露はほとんどなくなり、
外の音も静かになったとのことでした。
サッシ枠には結露が少しあるとのことですが、これはサッシ自体が高性能化していないので、前もって分かって
いましたし、事前に説明していたことでした。
今回窓をリフォームした場所は居間で1日の長い時間を過ごす場所なので、
断熱効果に満足して頂き、こちらも嬉しい気持ちでいっぱいです。
お客様がリフォームしてよかったという声が一番のやりがい、励みです。

 

タイトルとURLをコピーしました